アロサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
アロサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
アロサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
アロサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
アロサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
アロサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
名前アロサウルス
(英名:Allosaurus)
分類獣脚類、竜盤類、獣脚亜目、テヌタラ類、カルノサウルス類
体長7.5~12m
体重1~3トン
時代1億6000万~1億4500万(ジュラ紀後期)
生息地北米(アメリカ)
食性肉食
アロサウルスの特徴

アロサウルスは、ジュラ紀後期最大の肉食恐竜です。
目の上には、こぶのような骨の突起があります。このこぶは、なんの役目もなかったようで、飾りのような部位であったとされています。

頭は、大きさの割に、空洞(くうどう)が多く、体重が軽かったので、走るスピードが早かったと推測されています。頭の骨は緩くつながっていて、大きな食べ物を口に入れることができました。
するどい歯と指を使ってエモノを捕らえ、深く噛み付き、頭をオノのように激しく振って肉を食いちぎっていたと考えられています。
目は前向きについていて、ティラノサウルスほど立体視はできていなかったようですが、現代のワニくらいに距離感を測ることができていたようです。

複数個体の足跡が残されていたり、エモノのそばに大きさの違う歯が残されていることから、群れで生活していて、集団で狩りをしていたという説が有力です。
ところが、アロサウルスのような大型肉食恐竜が共同生活をしていた可能性は低いという説もあります。
同じアロサウルスにつけられたと思われる歯型が見つかっていることから、ワニのように、群れで生活していながらも、縄張り争いや、エモノを奪い合っていたのかもしれません。

アロサウルスに食いちぎられていたとされる骨板(こつばん)や、ステゴサウルスのとげが貫通(かんつう)した骨の部分が発見されていることから、アロサウルスは、ステゴサウルスを捕食(ほしょく)していたようです。

ジュラ紀中生代恐竜獣脚類竜盤類肉食

恐竜図鑑へ

 » 
 » 
アロサウルス