アンキロサウルス

Ankylosaurus
中生代剣竜・鎧竜類恐竜白亜紀草食鳥盤類
アンキロサウルス||DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
名前アンキロサウルス
(英名:Ankylosaurus)
分類アンキロサウルス類、鳥盤類、ゲナサウルス類、装盾類、エウリポッド類
体長約7〜11m
体重約4~8トン
時代6800万~6500万年前(白亜紀後期)
生息地北米(アメリカ、カナダ)
食性草食
アンキロサウルスの特徴

アンキロサウルスは、かたい骨の鎧(よろい)で体じゅうを覆われていました。
背中にはたくさんのツノがあり、頭部にも大きなツノが4本あります。骨にも厚みがあることから、大型の肉食恐竜にも襲われなかったのではないかと考えられています。

大きさは7〜11メートルもあり、現代のゾウ2頭分ほどの大きな体でした。
背中のヨロイには細かい穴が空いていて、見た目よりも軽いことから、素早く走ることができたと推測されています。

しっぽの先には、棍棒(こんぼう)のような形の、大きな骨の塊(かたまり)があって、それを振り回し、身を守ったり、攻撃したりしていたのではないかと考えられています。
キバやツメがないアンキロサウルスにとって、しっぽは最大の武器だったのかもしれません。

中生代剣竜・鎧竜類恐竜白亜紀草食鳥盤類

恐竜図鑑へ

 » 
 » 
アンキロサウルス