パキリノサウルス

Pachyrhinosaurus
中生代恐竜白亜紀草食角竜・堅頭竜類鳥盤類
パキリノサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
パキリノサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
パキリノサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
パキリノサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
名前パキリノサウルス
(英名:Pachyrhinosaurus)
分類ケラポッド類、ゲナサウルス類、鳥盤類、周飾頭類、ケラトプス類
体長5〜8m
体重2〜4トン
時代7000万年~6600万年前(白亜紀後期)
生息地北米(アメリカ、カナダ)
食性草食
パキリノサウルスの特徴

パキリノサウルスは、スティラコサウルスのような大型の角竜ですが、ツノを持っていません。
代わりにコブのようなデコボコの出っ張りがありました。
力くらべの時に相手を傷つけないためであった・骨とは違う素材のツノの土台だったなど、様々な仮説がありますが、まだ使い道は分かっていません。
元々はツノだったものが鼻先へ倒れるようにコブになった説と、鼻骨が盛り上がってコブになったという説があります。

パキリノサウルスの化石は3種類が見つかっていて、カナダで発見されたラクスタイは、えりのてっぺんにあるトゲがカーブ状になっていることと、中央に3本のトゲがあることが特徴です。

他にも、大きく派手なえりと、先が細くなっている三角形の口先も特徴的です。

アラスカでは9体の化石が見つかっていることから、群れで生活していたと推測されています。
カナダの亜熱帯気候からも化石が見つかったため、渡り鳥のように広範囲を移動していたと考えらています。

中生代恐竜白亜紀草食角竜・堅頭竜類鳥盤類

恐竜図鑑へ

 » 
 » 
パキリノサウルス