孔子鳥-コンフシウソルニス

Confuciusornis
中生代恐竜獣脚類白亜紀竜盤類羽毛恐竜草食
孔子鳥-コンフシウソルニス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
名前孔子鳥-コンフシウソルニス
(英名:Confuciusornis)
分類鳥類・古鳥亜綱・孔子鳥目・孔子鳥科
体長25〜30センチ
体重不明
時代1億4550万年前ごろ(白亜紀前期)
生息地中国
食性不明
孔子鳥-コンフシウソルニスの特徴

孔子鳥-コンフシウソルニスは、クチバシを持つ最古の鳥類とされています。
大きさは25-30センチくらいで、スズメより少し大きいくらいです。

クチバシには歯がなく、尾骨が短く、現代の鳥とほとんど変わりない姿をしていたようです。
翼にツメがあるなど、恐竜を思わせる部分も備えていたようです。
オスとメスで見た目が違っていたようで、尾羽が長く伸びているほうがオスではないかと推測されています。

発見された化石から、羽毛の色が判明しています。
孔子鳥は、現代の鳥と同じように、多様な色をもっていたようで、現生のキンカチョウに似ていたようです。

中生代恐竜獣脚類白亜紀竜盤類羽毛恐竜草食

恐竜図鑑へ

 » 
 » 
孔子鳥-コンフシウソルニス