現在、ご予約受付中!
ダイナソーBBQ
ウルトラビアガーデン

ご予約受付中

※右記アイコンをクリック
いただき発信して下さい→

電話で予約
電話で予約  - ステムリゾート STEM-RESORT 沖縄豊崎

098-996-3791

ギガノトサウルス

Giganotosaurus
中生代白亜紀恐竜竜盤類獣脚類肉食
名前 ギガノトサウルス
(英名:Giganotosaurus)
分類 獣脚類、竜盤類、獣脚亜目、ケヌタラ類、カルノサウルス類
体長 12~14m
体重 6~8トン
時代 9600万年前(白亜紀後期)
生息地 南米(アルゼンチン)
食性 肉食
ギガノトサウルスの特徴

ギガノトサウルスは1993年に初めて化石が見つかった恐竜でカルカロドントサウルスやアロサウルスなどの近縁種にあたりますが、それらの有名な大型肉食恐竜と比べてもひときわ体の大きい恐竜であり、有名なティラノサウルスをも上回る巨大な体を持った肉食恐竜であったとされています。

ギガノトサウルスは戦って獲物を倒す肉食恐竜らしいがっしりとしていて頑丈そうな体つきをしており、腹部に大きな突起があるのもこの恐竜の特徴です。また、手足には3本の鋭い鉤爪を持ち、獲物を捕らえて喰らいつく為の強靭な顎のある頭部は長さ1.9メートルにも及んでいたとされています。

中生代白亜紀恐竜竜盤類獣脚類肉食

恐竜図鑑へ

 » 
 » 
ギガノトサウルス