現在、ご予約受付中!
ダイナソーBBQ
ウルトラビアガーデン

ご予約受付中

※右記アイコンをクリック
いただき発信して下さい→

電話で予約
電話で予約  - ステムリゾート STEM-RESORT 沖縄豊崎

098-996-3791

名前 マイアサウラ
(英名:Maiasaura)
分類 爬虫綱(はちゅうこう)、双弓亜綱(そうきゅうあごう)、鳥盤類
体長 9m
体重 5トン
時代 8000万年~7400万年前(白亜紀後期)
生息地 北アメリカ大陸(アメリカ合衆国)
食性 草食
マイアサウラの特徴

マイアサウラは地面に掘られた直径2mほどの大きさの化石化した巣のすぐ傍で化石が見つかった恐竜で、巣の中には化石化した卵も残っており、近くには発達状態の異なる複数の子供の化石も残っていました。

マイアサウラの名前の意味は「善良な地母トカゲ」で親が長い間、子供の面倒を見ていた形跡が見つかり、家庭的な生活をイメージさせた事が、この名前の由来だと言われています。



体長1m未満(子供)のマイアサウラの化石を調べると、歩けるほどには脚が発達していませんでした。 歩けないほど幼い個体の歯が既に摩耗していたことは、巣の中にいても硬い葉(エサ)を食べることができたことを示しています。 マイアサウラの親はアヒルのような口で葉をむしり取り、子供のためにエサを運んだのではないか、と考えられます。

(近年、孵化前(卵のなか)の赤ちゃんからも摩耗した歯が見つかっており、「幼体の歯の摩耗がエサを与えた証拠にはならない」と主張する学者もいるようです)

出典: マイアサウラ | 恐竜のしっぽ -図鑑-

中生代白亜紀恐竜鳥盤類鳥脚類草食

恐竜図鑑へ

 » 
 » 
マイアサウラ