マメンチサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
マメンチサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
マメンチサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
マメンチサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
マメンチサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
マメンチサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
名前マメンチサウルス
(英名:Mamenchisaurus)
分類竜脚類、竜脚形亜目、マクロナリス、竜盤類
体長最大35m
体重最大50トン
時代約1億6,100万〜約1億4,500万年前(ジュラ紀後期)
生息地アジア(中国)
食性草食
マメンチサウルスの特徴

マメンチサウルスは、 アジア最大級の恐竜の一つで、見つかっている化石は全長35メートル、首の長さは16.9メートルにもなります。
極端に首が長く、全長の2分の1を超えていました。
竜脚類の頚椎(けいつい : 首の骨)の数は、15個以下であることが普通ですが、マメンチサウルスは19個もあります。

長い首を上に持ち上げるのではなく、左右に動かして広い範囲の植物を食べていたようです。
歩いて食べ物を探す労力を減らすため、首を動かしてエサを探せるように進化したのかもしれません。

ジュラ紀中生代恐竜竜盤類竜脚・古竜脚類草食

恐竜図鑑へ

 » 
 » 
マメンチサウルス