現在、ご予約受付中!
ダイナソーBBQ
ウルトラビアガーデン

ご予約受付中

※右記アイコンをクリック
いただき発信して下さい→

電話で予約
電話で予約  - ステムリゾート STEM-RESORT 沖縄豊崎

098-996-3791

オヴィラプトル(オビラプトル)

Oviraptor
中生代白亜紀恐竜竜盤類獣脚類羽毛恐竜肉食雑食
オヴィラプトル|ステムリゾート STEM-RESORT 沖縄豊崎 恐竜図鑑
名前 オヴィラプトル(オビラプトル)
(英名:Oviraptor)
分類 竜盤目・獣脚類(獣脚亜目・テタヌラ類)
体長 1.7m
体重 25 – 36 kg
時代 約7500万年前(白亜紀後期)
生息地 モンゴル
食性 肉食・雑食
オヴィラプトル(オビラプトル)の特徴

オヴィラプトル(オビラプトル)は、「たまご泥棒」という意味です。
初めて発掘されたときに、卵を抱えた状態で発見されたことから、他の恐竜の卵を盗んで食べていたと考えられていました。
その後、研究が進み、卵の上に覆いかぶさった化石が見つかったため、卵を食べていたのではなく、現代の鳥のように、卵を抱いて温めていたということが分かりました。

オヴィラプトルは、モンゴルにすんでいた2足歩行の恐竜で、頭の上の丸いトサカと、歯のないクチバシが特徴です。
硬いクチバシで、卵を割って食べていたと考えられていましたが、お腹の中からトカゲの化石が見つかったことから、木の実や小動物を食べていたという説が有力です。

近種の化石に翼や羽毛があることから、オヴィラプトルにも羽毛があったとされています。

中生代白亜紀恐竜竜盤類獣脚類羽毛恐竜肉食雑食

恐竜図鑑へ

 » 
 » 
オヴィラプトル(オビラプトル)