パラサウロロフス

Parasaurolophus
中生代恐竜白亜紀草食鳥盤類鳥脚類
パラサウロロフス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
パラサウロロフス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
パラサウロロフス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
パラサウロロフス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
名前パラサウロロフス
(英名:Parasaurolophus)
分類ケラポッド類、鳥盤類、ゲナサウルス類、周飾頭類、ハドロサウルス類、アグアノドン類
体長8~10m
体重4~6トン
時代8200万~6600万年前(白亜紀後期)
生息地北米(アメリカ、カナダ)
食性草食
パラサウロロフスの特徴

パラサウロロフスは、鴨嘴竜(カモハシリュウ)と呼ばれる恐竜の一種です。
横幅が広いカモのクチバシのような口と、頭の後ろに伸びているトサカが特徴です。

長いものでは2メートルにもなるこのトサカは、鼻の骨が変形したもので、中が管(くだ)のように空洞になっています。
シュノーケル代わりにして水中に潜るためと推測されていましたが、先端に開口部(かいこうぶ)がなかった事から、現在では、金管楽器のように音を鳴らすためのものと考えられています。
このトサカから響かせる鳴き声は低音で、肉食恐竜には聞こえづらかったのではないかと言われています。

パラサウロロフスは、同じ種類の恐竜の化石に比べ発見数が少ないため、単独で生活していたのではないかと推測されています。

中生代恐竜白亜紀草食鳥盤類鳥脚類

恐竜図鑑へ

 » 
 » 
パラサウロロフス