ステゴケラス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
ステゴケラス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
ステゴケラス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
ステゴケラス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
名前 ステゴケラス
(英名:Stegoceras)
分類 ケラポッド類、ゲナサウルス類、鳥盤類、周飾頭類、パキケファロサウルス類
体長 約2.5m
体重 約70kg
時代 7600万~6800万年前(白亜紀後期)
生息地 北米(カナダ)
食性 草食・雑食
ステゴケラスの特徴

ステゴケラスは、全長2.5メートル、体重70キロほどで大人の男性と同じくらいの小型の恐竜で、パキケファロサウルスの仲間です。
ヘルメットのような頭が特徴です。

石頭恐竜(いしあたまきょうりゅう)とも呼ばれ、頭の骨は分厚く、いちばん厚い部分は7センチもあります。
オス同士の縄張り争いや、メスを巡る闘いなどで、ぶつけ合っていたと考えられています。

前足が短いことから、二足歩行していたと推測されています。手には5本の指があり、物をつかむことができたようです。
後ろ足は4本指で、一本は内側についています。
体は細く、身軽で、後ろ足が長いことから、ステゴケラスは速く走ることができたとされています。

中生代恐竜白亜紀草食角竜・堅頭竜類雑食鳥盤類

恐竜図鑑へ

 » 
 » 
ステゴケラス