現在、ご予約受付中!
ダイナソーBBQ
ウルトラビアガーデン

ご予約受付中

※右記アイコンをクリック
いただき発信して下さい→

電話で予約
電話で予約  - ステムリゾート STEM-RESORT 沖縄豊崎

098-996-3791

ステゴサウルス|ステムリゾート STEM-RESORT 沖縄豊崎 恐竜図鑑
ステゴサウルス|ステムリゾート STEM-RESORT 沖縄豊崎 恐竜図鑑
ステゴサウルス|ステムリゾート STEM-RESORT 沖縄豊崎 恐竜図鑑
ステゴサウルス|ステムリゾート STEM-RESORT 沖縄豊崎 恐竜図鑑
名前 ステゴサウルス
(英名:Stegosaurus)
分類 ステゴサウルス類、鳥盤類、ゲナサウルス類、装盾類、エウリポッド類
体長 約9m
体重 2.5~3.5トン
時代 1億5400万~1億4600万(ジュラ紀後期)
生息地 北米(アメリカ)、アフリカ(マダカスカル)、ヨーロッパ(ポルトガル)
食性 草食
ステゴサウルスの特徴

ステゴサウルスは、小さな頭と、背中にある交互2列に並んだ大きな骨板(こつばん)が特徴です。
この骨板は、武器や防具の役割だと考えられていましたが、その薄さから、その役割は果たしていないとされています。
現在では、敵をおどかすため・仲間を見分けるためという説が有力です。
また、骨板(こつばん)には血液が流れていた跡が残っています。そのため、現代のゾウの耳のように、体をあたためたり、冷やしたりして体温調節をしていた可能性もあります。
ステゴサウルスは草食で、走るスピードはとても遅かったようです。

しっぽの先に4本のトゲがあり、敵に襲われたときには、このトゲで身を守っていたかもしれません。
このトゲで傷ついた肉食恐竜の化石が見つかっています。

ステゴサウルス類の中では一番大きな恐竜で、現在のシロサイと同じくらいの体重です。

中生代ジュラ紀恐竜鳥盤類剣竜・鎧竜類草食

恐竜図鑑へ

 » 
 » 
ステゴサウルス