スティラコサウルス

Styracosaurus
中生代恐竜白亜紀草食角竜・堅頭竜類鳥盤類
スティラコサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
スティラコサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
スティラコサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
スティラコサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
スティラコサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
スティラコサウルス|DINOSAUR BBQ & PARK|ステムリゾート沖縄 恐竜図鑑
名前スティラコサウルス
(英名:Styracosaurus)
分類ケラポッド類、鳥盤類、ゲナサウルス類、周飾頭類、ケラトプス類
体長約5.5m
体重2~3トン
時代8000万~6600万年前(白亜紀後期)
生息地生息地(発見地) 北米(カナダ、アメリカ)
食性草食
スティラコサウルスの特徴

スティラコサウルスは、鼻の上と、えりに大きな角(つの)があり、えりの6本の角は長く伸びていました。
ド派手で巨大なえりには、角のほかにも、短い突起(とっき)がたくさんあったので「トゲのあるトカゲ」という名前がつけられました。

えりを構成する骨には大きな穴があり、頭部を軽くしていました。
そのため、肉食恐竜から身を守れるほど丈夫ではなく、威嚇(いかく)したり・縄張りを守ったり・メスにアピールする役割をしていたのかもしれません。
現代のゾウも耳を使って体温調節するように、スティラコサウルスのえりも、体内から熱を発散する効果があったとも考えられています。

スティラコサウルスは、現在のシロサイよりも少し大きいくらいでした。大きな群れで生活をしていた可能性が高いとされています。

中生代恐竜白亜紀草食角竜・堅頭竜類鳥盤類

恐竜図鑑へ

 » 
 » 
スティラコサウルス