名前バリオニクス
(英名:Baryonyx)
分類獣脚類、爬虫綱、双弓亜綱、竜盤目、テタヌラ類、竜弓類、主竜類
体長7.5~13m
体重1.5~5.5トン
時代1億2500万~9400万年前(白亜紀前期~白亜紀中期)
生息地ヨーロッパ(イギリス)
食性肉食,魚食
バリオニクスの特徴

バリオニクスは長さ30センチの巨大なツメを持った肉食(魚食)恐竜です。
ワニのような顔をしていました。口の部分が細長く、その長い口の中には96本も歯が並んでいました。
おなかの中からは、魚の骨の化石が発見されました。川や浅い海などで魚を食べていたようです。
魚以外にも、イグアノドンの骨も発見されたことから、他の草食恐竜を襲ったり、死体を食べたとも考えられています。

大きな爪については、魚をつきさすため・岸で体が滑らないように支えるため・エモノをおそうための武器だったなど、いろいろな仮説がありますが、今はまだ証拠が見つかっていません。

同じ仲間の恐竜にはスピノサウルスやスコミムスがいます。

中生代恐竜獣脚類白亜紀竜盤類肉食魚食

恐竜図鑑へ

 » 
 » 
バリオニクス